遺品の片づけ・コレクション品処分など、大切なお品を丁寧に査定、高価買取いたします。東京・神奈川・静岡ほか、全国へ無料買取出張中!遠方でもまずはご相談ください。

HOME > 買取り・買入れ・買受け > 取扱作家 > 近藤悠三

取扱作家紹介

近藤悠三(こんどう ゆうぞう) 人間国宝(染付)
1902年(明治35)~1985年(昭和60) 京都市清水出身


京都市清水に生まれる。1914年 京都市立陶磁器試験場附属伝習所に入所し、卒業後は助手として勤め、 同時期に技師として勤務していた河井寛次郎・浜田庄司の両氏を知る。 さらに1921年から1924年まで、奈良県生駒郡の富本憲吉工房で助手を勤めた。
昭和初期より帝展・文展等に、薊・葡萄・柘榴などの模様を主題に、染付ほか多様な技法による作品を発表してきたが、1955年結成の日本工芸会に所属後は、専ら染付磁器による制作に集中した。 近藤悠三の染付は、古来の中国明・清風の様式化された意匠・技法を排除し、自らが写生から得た柘榴・梅花・山水などをモチーフとした雄渾な絵画的筆致に、釉裏紅彩を併用する場合も含めて、呉須の濃淡の諧調による独自の境地を示すものであった。
晩年、60歳頃からの、染付に加彩される金彩や赤絵による作品は、力強くかつ華麗で、呉須を主調とするその作風に、さらに特色を加えたものと言える。

近藤悠三 略歴

1955年 日本工芸会に帰属、常任理事、陶芸部会長を歴任
1956年 京都市立美術大学教授
1965年 同大学学長に就任
1970年 紫綬褒章
1973年 勲三等瑞宝章
1977年 重要無形文化財「染付」保持者に認定


当店では数多くのお品の鑑定経験を踏まえ、
お客さまにご納得していただける買取りをさせていただいております。
近藤悠三作品 のご売却なら、古美術 龍潭(りょうたん)をご用命ください。

近藤悠三
東京国立近代美術館工芸館HPより
近藤悠三《染付柘榴文壺》1957年

近藤悠三作品 ほか買取のお問い合わせ

古美術りょうたんでは、無料で買取りのお見積りをさせていただきます。お問い合わせはどうぞお気軽に!

古美術龍潭 りょうたん の骨董品買取り、古美術品買取り、査定鑑定
メリット1
迅速かつ丁寧に査定、
即金にて「高価買取」
いたします。
メリット2
秘密厳守、お客様の
個々のご都合に合わせて
対応いたします。
メリット3
他業種との提携で、
古美術品以外でも
幅広くご対応できます。
古美術りょうたんの骨董品の買取り方法は2種類
訪問買取
お客さまのご都合に合わせて日程を組み、ご訪問させていただきます。
その場で現金のお渡し、お品のお引取りができますので 手間なくスピーディです。
捨てるつもりの品を高く買取できる場合もありますのでお気軽にご相談ください。
宅配買取
詳細はお電話にてお伝えさせていただきますので、まずはお問い合わせください。
お買取の確認がとれましたら段ボール箱につめて梱包、必要書類と合わせて
ご発送ください。お伝えの金額で成立後、お振込になります。
骨董品買取り、古美術品買取りのお問い合わせはお電話またはeメールで!

お電話で骨董品買取り、古美術品買取りのお問い合わせは、フリーダイヤル 0120-122-056へ。年中無休受付中

eメールでの骨董品買取り、古美術品買取りのお問い合わせは、ryoutan@or.tv

    東京 神奈川 静岡 から全国へ「無料出張」!

  • 東京23区
    世田谷区 目黒区 渋谷区 大田区 杉並区 港区 品川区 北区 隅田区 台東区 千代田区 ほか
  • 東京 多摩
    稲城市 多摩市 八王子市 町田市 狛江市 日野市 調布市 武蔵野市 三鷹市 西東京市 立川市 府中市 国立市 青梅市 日の出町 ほか
  • 神奈川県
    横浜市 相模原市 川崎市 鎌倉市 逗子市 大和市 箱根町 湯河原町 足柄郡 座間市 海老名市 厚木市 藤沢市 小田原市 ほか
  • 静岡県
    静岡市 浜松市 沼津市 熱海市 三島市 伊東市 磐田市 伊豆市 富士宮市 島田市 富士市 焼津市 掛川市 藤枝市 御殿場市 袋井市 裾野市 湖西市 御前崎市 菊川市 牧之原市 ほか
  • 埼玉県、千葉県、静岡県など関東から全国に伺っております。
    遠方の場合でもまずはご相談ください!
  • ※ 買取の査定 出張は無料です。費用などは一切いただきません。

買取査定のお申込買取の流れよくあるご質問

page up